中だるみの水曜日

外資系企業でマーケティングをしているアラサーが、日々思うことを自由気ままに書き連ねる、お気楽なブログ。

忙しいときに学んだあれこれ

随分と書くのが久しぶりになってしまいました。

実はこの数週間、なかなかブログを書く時間も体力もとることができずにいました。

朝は8時過ぎに会社に行き、夜は11時くらいに会社を出て、休日は残りの仕事を片付けたりイベントのために休日出勤をしたりと、息をするのがやっと毎日を送っていました。

 

それはそれは精神的にも体力的にも大変でした。

 

風邪をひいてしまっても病院に行くこともできず、ずるずると2週間くらい咳が止まらず、何をしても楽しくなく、ただただ奴隷のように会社に行っていたな、という期間がありました。

 

それが今ようやく落ち着き、9時前には会社を出れるし、朝もちょっとだけゆっくりできる時間が作れるようになり、少しその期間のことを振り返ってみると、いろいろと自分のことが分析できるようになったので、それを忘れないために記していこうと思います。

 

①どんなに量が多くても、流れ作業にしない

業務量がとても多くて、正直右から左に流すだけ、ということをやっている時期がありました。でもその時はなんで自分がここにいるんだろうと、むなしさと辛さしか感じない時期がありました。

全ての作業にいちいち立ち止まる必要があるとは思いませんが、これって何のために必要なんだろう、どうすればもっとスムーズにできるだろうと、ちょっと考えて、少しでも付加価値をつけて自分のいる意味を見出すことを、今後は心がけていきます。

 

②一週間のうちに、数時間でも心か体がリラックスできる時間を必ず作る

人間働き続けることなんて到底できません。だからこそ、一週間のうちに数時間、例えばマッサージに行ったり、私の場合は漫画を読んでちょっと別の世界に入り込んだりして、リラックスするようにしました。本当はそんなことを意識的にしなくてもいい状態であることがいいと思うのですが、雇われている身である以上、どうしようもないこともあるので、こういうことで自分を壊さないようにしようと思います。

早く雇う側に回りたいものです…

 

③とにかく視野を狭めない

幸いなこと(?)に、私の会社でこれほどまでに業務量と残業時間が多いのは私のいる部署だけです。なので、積極的にこの状態をきいてもらうようにしました。

それで何か解決した、と言うのはなかなか難しいですが、自分が辛いと思っていることを伝えることで、必ずしも今私がいる場所・見ている世界が全てではないんだ、と思うようになれたのは、だいぶ精神的にプラスになっていました。

そうでないと、とても残業時間100時間越え、なんてやってられません笑

 

辛くなると「ああ、なんで私だけ」と自分を追い込んだり、逃げ道がなくなったように思えてしまうので、こうやって常に視野を狭めない、ということは、忙しい時期に限らず、続けてもいきたいことです。